アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

なんで治らないの?(3)魂意識と顕在意識からの考察

前回からのつづき。

さて、そんな訳で、このシリーズでは、

不可逆的な症状、障害を持った場合、

なぜそれを覆すことが出来ないのか?

医学的な理由でもなく、

スピリチュアルな視点などからの

既存の解釈だけでもない

新しい可能性はないのか?

それを模索していきたいと思っているわ!

(見つからないかもしれないけどねははははははは

さっそくいってみましょ!UFO

=====

魂と顕在意識の意思確認!

=====

まず、基本から押さえてみましょ!

魂意識と顕在意識の関係ってさ、

たぶんこうなっていると思うのよ!

○・・・望んでいる

×・・・望んでいない

△・・・ちぐはぐ

魂と、顕在意識が調和していれば

宇宙のリズムと同調して

願いも叶いやすいと思うし、

不調和だと、うまくいかない。

病気や障害に当てはめると

こうなるかな?

本人の魂も、顕在意識も

「治る意志」があるなら、

奇跡でもなんでも起こるはずよ!

×

逆に魂も、顕在意識も

「治りたくない」で調和しているなら

どんな有能な治療者がどうしようと

きっと治すことは無理。

=====

可能性

=====

この中でさ、緑の部分は、

顕在意識が変われば、

魂の意志と調和して

「治る」に変わる可能性があるわ。

オレンジの部分は、

魂が「治りたくない」という意志だから、

「治る」に変わる可能性は低いわね。

この場合、顕在意識の在りようによって

人生の質、生活の質がいかようにも

変わりうる可能性があるわね。

次回はここに、

治療者側の思いを重ねて見てみましょ!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする