アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

甲状腺とチャクラを探求するわ!(2)~甲状腺の機能と関係性

皆さまお元気かしら?アネゴです。

今日は冷えたわね~!

さて、今回は、まず最初に

甲状腺の働きをざっくり探求しちゃうわよ!

======

甲状腺の役割

======

甲状腺の主な役割は、

甲状腺ホルモンを出すことだわ!

他には、ホルモンの原料を貯めて

ホルモンを作る役割もあるわよ!

甲状腺は、蝶ネクタイみたいな形をしているけど、

外側には、ホルモンを分泌する細胞があって、

内側には甲状腺ホルモンの原料が貯蔵されているわ!

甲状腺の役割 まとめ】

甲状腺ホルモンの分泌

甲状腺ホルモンの原料の貯蔵

甲状腺ホルモンの合成

まるで工場みたいね!

★こちらの記事も参考にどうぞ「甲状腺の生理学」

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11489982727.html

======

甲状腺と仲間たち

======

なんか甲状腺ってさ、

原料を貯めて、ホルモンを作って、出すなんて、

なんだか1人で完結しちゃってるみたいじゃない?

でもね、実はそうじゃないの!

甲状腺って、人と同じで

1人ではやっていけないシャイなヤツなのよ!

どんな仲間がいるか見てみましょ!

甲状腺ホルモンは、量が大事なのよ!

多すぎても少なすぎても調子狂っちゃうわ!

その量を主に調整しているのは、

視床下部下垂体という所よ!

他にも、ソマトスタチンや交感神経、

寒冷刺激、ノルアドレナリンドーパミン

セロトニンなども調整作用があるんだけど、

でもまぁ、これはちょっと細かい話だから

置いといてっと(`∀´)

甲状腺がハンドルだとすると、

そのハンドルを切るのは

視床下部や下垂体のお仕事ってところかしら!

こんな風に、甲状腺の働きには、

視床下部や下垂体も関わっているわ!

ってことは!!

甲状腺機能障害は、

視床下部や下垂体が原因になって

引き起こされる可能性もあるってことよね!ひらめき☆

他にも原因はいろいろあると思うけど、

甲状腺機能障害という名前の背景には、

いろいろ複雑な仕組みがあるってことが

分かったわ!

甲状腺の仲間 まとめ】

視床下部や下垂体は、

 甲状腺ホルモンの調整に関わっている

=======

甲状腺機能とチャクラ

=======

という訳で、どうかしら?

甲状腺の機能に着目してみてみると、

複数のチャクラと関係していそうな

気配がぷんぷんしてきたわね!ニオイい~い匂い

視床下部と下垂体が

関係するチャクラはどこかしら?

前回のおじさんの図で言うと、

第6チャクラ(眉間のチャクラ)が、

視床下部や下垂体と関係が深いわ!

ちなみに甲状腺は、

第5チャクラ(のどのチャクラ)と関係が深いわ!

解剖学的な位置と一致してるから

分かりやすいわね!

となると、甲状腺機能障害という

総称に惑わされること無く

甲状腺自体の問題なのか

それとも関連する器官の問題なのか

はっきり確かめた方がいいわね!

もしも視床下部や下垂体の機能に

障害があるならば、第6チャクラが

キーポイントになってくるものね!

でも、病気とチャクラの関係って、

とっても複雑で、代表的なチャクラだけ

ケアすればそれでOKって訳にいかないわ!

チャクラは、単独で機能しているわけじゃなくて、

その周辺のチャクラとも関係しあっているからよ!

ヒーリングという視点から見てみると、

甲状腺機能のバランスが

崩れるに至った心理的背景には、

その人が生まれ育って、

生きてきた人生のストーリーが

深く関わっていることが多いわ!

そうなるとインナーチャイルドに関わる

チャクラも見ていく必要が出てくるわよね。

とはいえ、これはケースバイケースだから

公式化できないけど、

でも、逆にいうと、病気や症状は、

人生の深い癒しにつながる可能性が

あるってことだと思うわ!

次回は、第5チャクラと甲状腺

関係を探求してみようかしら!?

今日も、美味しく食べてガッツリ寝るわよ!

Oo。(。pω-。)オヤスミィ

今日も最期までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする