アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

生物フォトンとツボの計測を探求するわ!(1)

皆さまお元気かしら?アネゴです。

さて今日は、生物フォトン

人体エネルギーシステムについて

とある学位論文要旨を探求してみたいと思うわ!

この探求を始めた理由こちら↓

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11519580935.html

神 正照(じん まさあき)先生学位論文要旨よ!

今回、生物フォトンとツボの関係に的をしぼって

私の主観でまとめたり、書き足したりしてしまうから、

詳細は、本文を見てちょうだい!

↓ ↓ ↓

題名

「生物フォ トンを用いた経穴の部位および

状態の計測に関する基礎的研究」

さっそく行くわよ!

【西洋医学の信頼を得にくい理由】

・反応点、経穴(ツボ)の捉えにくさ

経穴(ツボ)の実在の証明がハッキリしていない

再現性の低い従来の測定装置

   ↓

   ↓

そこで、筆者は、従来の方法とは違う

生物フォトンでの計測法を考えた。

【経絡と生物フォトン

・経絡(けいらく)

生命活動を維持するための根本物質と

考えられているエネルギーの通路。

経穴(けいけつ)

経絡が身体の表面に現れている場所。

・生物フォトン

生物の生命活動に伴って放射される

極めて弱い光(肉眼では感知できない)。

全ての生物にみられる現象。

生物フォトンがどれくらいの光なのかは、

こちらのHPがわかりやすく図でまとめてくれているわ!

http://www.tohtech.ac.jp/~elecs/ca/kobayashilab_hp/Biophoton.html

筆者は、経穴や生物フォトン

とちらも生命現象の根源に関係していることに注目。

 ↓

生物フォトンを計測することにより

経絡や経穴の情報が得られるのでは!!

 ↓

よしやってみよう!

====

実験

====

【狭い範囲の測定】

指のまわり、 および手の陽明大腸経に沿った

生物フォ トンの発光量を測定

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

結果

生物フォ トンの発光量

 ↓

経穴の発光量その付近の非経穴の発光量

 ↓

この結果から

生物フォトン

最も発光量の大きい点=経穴の可能性

【より広範囲の測定結果】

(1) 経穴からの生物フォ トン発光量は

指先から肘に向かうにつれて、小さくなる。

→指先が最も発光量があるってことね。

(2)左右同名の経穴の生物フォ トン発光量を

比較すると右の方が大きい

これは左利きの人についても計測したが、

やはり右のほうが大きかった

→身体の右側の発光量>左側の発光量

(3) 対応する陰陽の経穴同士では、

陽の方が生物フォ トン発光量が多かった

→陰陽でみると陽の方が発光量が多い。

 身体の左右差とも一致しているわね!

 (左は陰、右は陽)

【以上のまとめ】

・身体の広い範囲で計測

かなり発光の違いが存在する

・ごく狭い範囲で計測

発光の極大点=経穴を定義できる

今日はここまで

続きは次回に探求するわ!

私たちの生命活動が

光を発しているなんてすごいわよね!

それが経絡や経穴と呼ばれる部分と

一致していることもすごいわ!

古代の人たちはどうやって

そのことを知っていたのかしらね!

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

チャクラやオーラ、気の流れ、

そんな視点から語られていた

人体のエネルギーシステムだけど

ようやく科学の方が追いついてき

証明されつつあるわね!

楽しみだわ!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする