アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

α波 使用上の注意を読んでみたわ!

今日は美味しいハンバーグを食べて

お腹いっぱいになった自分のお腹をみたら

けっこうな脹らみになっていたわ。

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

そう言えば、一昨日コスモネット通販で、

買った脳波4個セット・・・放り投げたままだわ。

せっかく立派な地球人になろうと思ったのに。

今度こそ諦めちゃいけないわ!

でもこれ、どうやって使うのかよく分からないわ!

とりあえず、

「使用上の注意」を読んでみようかしら・・・

===============

宇宙人のための使用上の注意

===============

◆◇◆◇◆α(アルファ)波の特徴◇◆◇◆◇

・脳波の中で一番有名

・巷では、本来のα波から、

 かけ離れた通説がある

・通常、後頭部でよくみられる

 (覚醒時、目を閉じて、安静状態で)

・後頭部は目から入った

 視覚情報を処理する場所

・目を閉じると、

 視覚情報を処理する場所が

 休むからα波が出やすい

・目を開けるとα波は、

 小さくったり消える

 (目を開けると脳が

 視覚情報を処理し始めるから)

・脳が休めば休むほどα波が出るわけではない

・正常なα波の幅は決まっている

 (明らかにそれ以上α波が

  高くなっている場合は脳の異常を疑う)

・α波はボーっとして何も考えていない時に出やすい

・集中して頭を使っている時は、α波は出ない

 (脳が活発に活動しているから)

・目を開けていても、頭を使わずに

 心身がリラックスすれば

 α波がみられることもある

・α波は大脳皮質がお休みしている状態を表す

・α波ばっかり出ていてもよろしくない

 (頭が年中お休み状態を指すから)

・ストレスフルでピリピリしっぱなしの人は

 α波が出るような、ゆったり時間が必要だ

◆◇◆◇◆α波が小さくなったり

消える時◇◆◇◆◇

脳が活動すると、

 α波は小さくなったり、消える

目を開けている時、

 α波は、小さくなったり消える

 (視覚情報を処理するために脳が働くから)

考える(脳が活動する)とき

 α波は小さくなったり、消える

心の落ち着きが無い時

 α波は小さくなったり、消える

・目を閉じている時でも頭を使えば

 α波は小さくなったり、消える

 (例:目を閉じて暗算をする)

◆◇◆◇◆β(ベータ)波の特徴◇◆◇◆◇

・α波同様、目覚めている時に見られる脳波

・α波と違って、目を開けても存在している

 (目を開けるとβ波が出てくるのではない)

・脳の活動が増えると、β波が増える訳じゃない

 (α波が消えるから増えて見えるだけ)

 (たまにはβ波が強くなる場合もあるけど、

 あまりない)

=========

う~ん、脳波って、巷で広まっているイメージと
実際はちょっと違うかもしれないわね!

脳波関連の商品とかよくあるじゃない!?

本当のところは、

作り上げられたイメージばかりが

一人歩きしている場合もありそうよ!

脳波って、脳が活動すればするほど、

増えるものではないわ!

(むしろ分散して減少する)

ということは、

脳波と頭のよしあしは関係ないわ!

脳のどこが、どれくらいの割合で

活動しているのかっていうことを

客観的に見れるから、

機能異常の発見に役立つわね!

頭の働きにとっては、

脳のどの部分をどれくらい使うかが大事ね!

説明書を読んだけど

なかなか脳波は大変そうね!

明日も立派な地球人になるべく

頑張ってみるわ!

今日も最後までお読みいただき

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする