アネゴblog書庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

【顔の向きと紫外線量の関係】を探求するわ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

今日は、屋外で顔面が浴びる

紫外線量を探求してみましょ!

たぶん、日ごろのUVケアに役立つわ!

(*`艸´)ウシシシ

参考文献:

「絵とデータで読む太陽紫外線」

東海大学総合科学技術研究所

佐々木政子 著 

=====

顔の向きと紫外線量

=====

屋外で顔面が浴びる紫外線量を測った

実験結果をざっくり探求するわよ!

(詳しくは参考文献を見てみてね!)

まずは実験の詳細を確認よ!

UV-B、UV-Aの量を計測

・測定場所は5箇所

 (土、コンクリート、芝、海辺の砂、雪

・計測位置は、日本の成人が

 直立したときの平均顔面の高さ

(この平均顔面の高さって

よく分からないんだけど

美術館の資料によると、

日本人の目の高さの平均は1.5mですって!)

【結果】

土、コンクリート、芝、海辺の砂では、

太陽に向かった直射方向を100%とすると

以下の図みたいになったそうよ!

(下からの反射率は5%未満だった)

「絵とデータで読む太陽紫外線」東海大学総合科学技術研究所佐々木政子 著 より

顔の向きによって結構違うものなのね!

普通に前を向いて歩いている分には、

直射の時の半分以下だわ!

地面からの反射も5%以下なら

気にするほどじゃないわね!

【実験の結論】

顔面が浴びる紫外線量は、

顔が太陽の方を向いているかどうかで決まると言える。

(※土、コンクリート、芝、海辺の砂の環境下)

======

雪や海上では違うよ

======

雪の場合、上記とは事情が異なるわ!

反射率が高くってね、

夏と同等かそれ以上の紫外線に

さらされることが分かったそうよ!

詳しいことは、端折っちゃうんだけど

( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

雪の中では、顔の向きどうこうじゃなくて

反射する紫外線対策が必要だわ!

雪国の方は、冬こそUVケア本番ね!

そして、海上でもこれと同じことが

起こるみたいだから

海などの水上で過ごすときは、

反射する紫外線対策が必要だわ!

=====

地表に到達する紫外線量と

顔面の紫外線量は違うのね!

=====

雪や水上の環境下は別として、

地表に届く紫外線量≠顔面の紫外線量

って知っていれば、心に余裕ができるわね!

太陽を見上げてない限り

45%以下だもの!

そして、さらに日陰をうまく利用すれば

日焼け止めの強さも小さいもので十分そうだわ!

皆さまは、この実験データを見て

どう思われるかしら?

これからのUVケアの参考にしてみてね!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする