アネゴblog書庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

副交感神経に副交感神経を副交感神経したらこうなった(|||▽||| )WS体験記

今日は、「誰か私を家まで運んでくれ!

 

と思ったWS体験記」

の続編である。

 

~超ざっくりあらすじ~

 

「動きと感覚で整える自律神経」というWSに参加した。

 

30分も遅刻したせいで、

交感神経バリバリだったアネゴだが、

 

しょっぱなの、背中の筋膜の緊張を

緩めるワークで早くも睡魔に襲われた。

しかしまだWSは続いてゆく。

 

どうなるんだアネゴ!?

 

~あらすじここまで~

 

=====

副交感神経に副交感神経を

 副交感神経する

=====

 

次はフェルデンクライスメソッドの登場だ!

 

フェルデンクライスプラクティショナーの

伊賀英樹さんの誘導に従って

独特な動きのワークが始まる!

 

まず、お姉さん座りのような姿勢になる。

眠い時に

こんな風に床に手を付いてしまったら、、、

 

こうなってしまうやろーー!! 

。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウワァァァン!! 

 

ひたすら我慢!我慢。我慢。我慢。

寝るんじゃない! 

 

目の前に置いた手を見ながら

視線を固定した状態で

ゆっくり体幹を回旋したり、 

目だけ動かしたり、

 

目を閉じて実際には動かず

イメージだけで動いてみるとか、

 

頭を横に倒したりとか

 

ゆっくり身体の様子を味わいながら

とにかく色んなパターンをやった。 

(その時の様子は、こちらの写真で垣間見れる)

 

あら?どうしたことだろう?

 

走馬灯のように

周囲の景色が流れていくではないか。

 

 

アハハハハ

 

いつしか私は、 

乗り物酔いのような状態になっていた。

 

気持ち悪い・・・

頭が痛い・・・

(lll-ω-)ズーン

 

これはもしかして

モコ様の伝説の追いオリーブ

ならぬ

 

追い副交感神経って 

やつか!?Σp(`□´)q

 

副交感神経に副交感神経を 

副交感神経してしまったのか!? 

 

 

・・・実はこれには、こんな訳があるのだ!宇宙人

 

===== 

いかに緊張が高いか! 

=====

 

自律神経というのは、 

自然とバランスを取るように出来ている。

 

振り子の法則みたいに

右に振れた分、左に振れる。

 

"Pendulum 60deg" by Lucas V. Barbosa (Kieff) - 投稿者自身による作品. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pendulum_60deg.gif#/media/File:Pendulum_60deg.gif

 

交感神経がめちゃくちゃ高まったら

そのバランスを取ろうとして 

副交感神経がめちゃくちゃ高まる

 

注射針を見た恐怖のストレスで 

気分が悪くなるのもその一つ宇宙人

 

交感神経が急にパーッと高まった反動で

副交感神経がドーンて高まってしまうのだ。

 

それを踏まえて、私のケースを見ると

 

こんなに副交感神経が 

過剰になってしまったということは、

 

それだけ交感神経が

優位になっていたということなのだ!

 

道に迷って交感神経↑

予想以上に遅刻してしまって交感神経↑ 

似たような建物トラップに引っかかって

 

そんな風に 

十分ストレスを高めてから

 会場入りしてしまうドS行為!

 

ワイルドだろう? 

極端に書くとこんな感じ↓

 

( -言- )ククク・・ 

実は、それだけじゃない! 

日頃のベースラインも物を言うわ!

  

日頃から交感神経が優勢気味だと 

ここぞとばかりにドーッと疲れが出る!

 

旅行の後にどっと疲れるのと同じね! 

 

私の副交感神経は、ちゃーんと 

バランスを取ってくれたという訳なのです。

 

だから、日頃からこういうワークを取り入れて 

自律神経を整える大事さが

 このWSのお陰でよ~く分かったわ!

 

最後は再びロルフィングに戻って

頭部と仙骨を整えてWSは終了しました。

 

とても為になったWSでした。

本当にありがとうございました。

 

主催:アウトリーチ研究会(アウトリーチロルファー) 

もっと身体の奥深さを知ってもらいたい。体験できる場を提供したい。

有志ロルファー™により運営される団体

 

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!