アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

バタフライ姉さんと顎の筋

皆さまお元気かしら?アネゴです。

 

さて、当宇宙船はただいま、

アゴに関係が深い

三叉神経を中心に探求しております!UFO

 

まずは前回の復習よ!

 

1.三叉神経は3つに分かれる

 (だから三叉というネーミングにかっ

 

2.眼神経、上顎神経、下顎神経の3つに分かれる。

 

3.脳から出た三叉神経は、

 蝶形骨の穴を通って顔面の方へ行く。

 

4.つまり蝶形骨は

 顎運動に関わる神経の通り道でもある。

 (骨のゆがみによっては、神経に障るかも?)

 

5.蝶形骨は、場所的にも

 顎の動きの影響を受けそう。

 

 

ほんじゃ今日はさらに!

5.の部分を詳しく探求してみましょ!

 

=====

飛べない蝶は・・・ただもんじゃない!

=====

 

ちょっと!あーた!

なんですって!?o(`Д´*)oプンスカプン!!!

 

我らがバタフライ姉さん(蝶形骨)のこと

ただアゴの神経の通り道だと思ったら

大間違いよ!ヾ(*`ェ´*)ノフンガ~

 

なめないでちょうだい!

 

さてはあんた!舌下神経ね!

(舌の動き=舌下神経だけに(`∀´))

 

バタフライ姉さんはねぇ!

女手一つで、

アゴの筋肉の一部も

ちゃーんと養ってんだからね!

 

知ってた??

バタフライ姉さんは、

飛べないんだかんね!!

(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!

 

なめんじゃないわ!

まぁ、なめられないけどね

ニヤーリ♡

 

 

=====

咬む筋肉とバタフライ姉さん

=====

 

咬む筋肉(閉口筋)って、

4つあるんだけど、

 

その内の2つが、

バタフライ姉さんにくっ付いているわ!

 

(残り2つの筋がくっ付いてる骨だって

 バタフライ姉さんとお隣同士だったり

それなりに近所付き合いがあるんだから!)

 

筋が付いてるってことは、

 

バタフライ姉さんは、咬む時

(下顎の骨を上に引っ張る時)の

土台の役割もあるってわけよ!

 

ちょっとまじめな話しをすると、

噛み締めてる時は、蝶形骨の方へ

アゴを引っ張るだけじゃなく、

 

蝶形骨がアゴの方に

引っ張られるストレスが加わるって訳。

 

それは害悪なのか?はたまた

蝶形骨の位置を調整したいのか?

 

脳が自ら行う整体という仮説は、

ここに端を発するのであります。

もちろん、蝶形骨以外の頭蓋骨でも同様に。

 

もしバタフライ姉さんが飛べたなら・・・

顎のほうに飛んでくのよ蝶々blue

 

飛ばない理由なんて

もう聞かないであげて!

姉さんがかわいそうよ!゚。・゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。

 

=====

バタフライ姉さんに

くっ付いてる咬む筋肉

 =====

 

咬むことに関わる4つの筋肉のうち、

 

外側翼突筋(がいそくよくとつきん)

内側翼突筋(ないそくよくとつきん)

バタフライ姉さんにくっ付いているわ!

 

外側翼突筋(がいそくよくとつきん) 図1)

 

内側翼突筋(ないそくよくとつきん) 図2)

 

咬む4つの筋肉の神経は、

三叉神経から分かれた

『下顎神経(かがくしんけい)』よ!

 

 

という訳で、噛み締めたり

歯軋りしたりするときは

三叉神経が関わっているし、

 

その三叉神経の通り道にある蝶形骨は、

 

噛み締めたり、

歯軋りする筋肉の一部が

付着している骨でもあるって訳ね!宇宙人

 

この、「神経」と「顎の筋肉」と「蝶形骨」の

切っても切れない相互関係!!鼻血

 

私たちの噛み締めと

無関係の訳ないわよね!

 

-----余談-----

ちなみにこの筋は、口のロルフィングでやった

内側からしか触れない筋よ!

【顎2】Σp(`□´)q ナニィ!!内側からしか触れない筋肉があるぞ!

 

 

私、口のロルフィングで、

内側からしか触れない筋肉の緊張を

解放してもらうことが

 

どんなに意義深いことか

この探求でようやく分かった気がするわ!キラyellow

 

やってもらって本当によかったわ♪

皆さまも機会があったらおススメしたいです。

-----余談おわり-----

 

つづく。

 

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

 

図1)"Musculuspterygoideuslateralis" by Henry Vandyke Carter - Henry Gray (1918年) Anatomy of the Human Body (See "ブック" section below)Bartleby.com: Gray's Anatomy, Plate 383. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Musculuspterygoideuslateralis.png#/media/File:Musculuspterygoideuslateralis.png

 

図2)"Musculuspterygoideusmedialis" by Gray - Gray's anatomy. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Musculuspterygoideusmedialis.png#/media/File:Musculuspterygoideusmedialis.png

広告を非表示にする