アネゴblog書庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

嫉妬や羨望(2)~鍵の保管場所を探求するわ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

さて、前回、嫉妬や羨望の話をちょっとしたわ!

で、自分に禁止していることって何かしら?

=====

自分に禁止していることって?

=====

それは自分の思い込みから作られる

封印という契約よ!

たいてい深い心の傷から発生するわ!

とーーーーっても悲しい経験をして

もう二度とこういう思いはするまい誓った事柄

けっこう私たちは無意識に反応しているわ。

心に希望が芽生えても瞬殺されたりとか、

チャレンジしてみようとしても

すぐ心が重くなって動けなくなるとか、、、。

=====

嫉妬や羨望を感じたら

=====

嫉妬や羨望を感じたら

自分にこう聞いてみましょ?

私は何を我慢しているの?

自分を抑えつけているものは何?

本当に欲しい物は何?

案外、嫉妬や羨望の的とは関係ない部分に

本当の答えがあったりするわ!

つまり、表面的には、

誰かや何かに反応しているようだけど、

誰かや何かが問題なんじゃなくて、

そこに自分の何かが映っているという意味よ!

で大事なのは、

それを他者に求める前に

自分で自分にしてあげてるか?

ってことよ!

それが分かれば人を見ている暇もなくなるわ!

=====

なぜ開けるのか?

そこに鍵があるからさ

=====

自分が押さえ込んでいる欲求が

外側の世界に映し出された時

嫉妬や羨望を感じることが多いと思うわ!

自分の中にある何かが

そこに投影されているはずだわ!

そんな風に、自分を見つめてみると

本当に求めていることが

おぼろげながら見えてくるんじゃないかしら?

自分を押さえつけてる思い込みも

見えてくると思うわ!

私が勉強会というものにチャレンジしてみたのも

自分の内面を探って、これかな?と

思うものに一歩ずつ近づいてみたという感じよ。

無理にすることじゃないけど、

目を反らしたくなることに

あえて自分から歩み寄ってみる時が

人生には何度か訪れるんじゃないかしら。

もし、今そういう時かもしれない

という人がいたらこの言葉を送るわ。

「向かい風上等!

痛い思いをしたら寝込めば良し!」

次の扉を開く鍵は、私たちの心の中にあるのね!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする