アネゴblog書庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

全治10ヶ月の複雑骨折とトロンPC

皆さまお元気かしら?アネゴです。

トロンについて動画を見ていて

私が違和感を感じたことの一つに、

全治10ヶ月の複雑骨折があるわ。

唐突でなんのこっちゃだけど( ̄∇ ̄;)

まぁ先に進むわよ!

=====

複雑骨折(ふくざつこっせつ)

=====

複雑骨折って、

誤解を生みやすいネーミングよね。

骨が複雑に折れてるって

感じがしちゃうわよね!

でも違うのよ。

折れた骨が皮膚の外に

突き出ちゃう骨折のことよ。

(血や開いた傷口を見ても大丈夫な人は

画像検索すれば沢山出てきます)

感染のリスクが高いから

皮下骨折とは違う対処が必要になるわ。

傷の具合によって、

治癒過程が複雑になりやすいから

複雑骨折って言うみたいなんだけど、

もう一つの呼び方、

開放骨折(かいほうこっせつ)って

名前の方が、ピンとくるわね!

ちなみに骨が複雑に折れちゃうのは

粉砕骨折という名前があるわ。

開放骨折は、通常の骨折と違って

骨がむき出しになるわけだから、

それ相応の外力が必要になると思われるわ。

これがトロンPCとどう関係あるのかしら?

ちょっと経過を見てみましょ!

======

ざっくり経緯をまとめてみた

======

主なソース:プロジェクトX 「家電革命 トロンの衝撃」

1981年8月 IBMからパソコンが発売される

         OSはMS-DOS(この時ビル・ゲイツ25歳)

               ↓

         でもこのPCを扱うには、

         英語の専門用語が必要で

         素人には難しすぎて大不評

               ↓

         「コンピューターが悪く言われていると

         コンピューターの味方をしたくなっちゃう」

         コンピューターをこよなく愛する村坂先生は

         素人でも使える独自のOS作りに取り掛かる

               ↓

         一年がかりで仕様書を書き上げ

         トロンと名づける

               ↓

1984年5月 トロンの仕様書を全世界のメーカーに

         無料で公開 たちまち内外140社が集まる

         「OSは情報化社会の基盤。

         水や空気と同じ、

         人類共通の財産だから

         お金を取るなんて考えは

         最初から全く無い!

(ちなみに、マイク●ソフトは、中身が極秘)

1987年1月 松下のチームによって

         トロンパソコンの試作機が完成

         全国の小中学校に教育用PCを

         導入することになり

         通産省と文部省の肝いりで

         大手11社がトロンを希望する

1989年4月 貿易赤字に苦しむアメリカが

         不公正な国を制裁すると宣言

         スーパー301条の候補にトロンが挙がる

         (トロンは無料で全世界のメーカーに

         公開されていたため全くの濡れ衣

         実際、IBMなどアメリカの企業も

         プロジェクトに参加していた

1989年6月 通産省が教育用パソコンを

         トロンに決めることを断念

         各メーカーにも圧力がかかり

         トロンプロジェクトから次々撤退

         

         日本はコンピューター文化の

         心臓部を失うこととなる

1990年秋  失意の中、トロンの開発者

         全治10ヶ月の怪我

1990年    結果に満足したアメリカは

         スーパー301条の候補からトロンをはずす

         しかしトロンプロジェクトから去る企業は

         後を絶たなかった

         

その後の続きもありますが、

まずは、ここまで。

======

つまずいて開放骨折!?

======

トロンに大きな圧力にかかり潰されたとき、

開発者である坂村先生が、

大変な失意と疲労を抱えたであろうことは

想像に難くないわ。

そんな中、帰宅途中に段差に足を取られ

全治10ヶ月の開放骨折と番組ではあるけど。

え?(ー△ー;)

足を取られて開放骨折

しかも全治10ヶ月!!

人間って、身体が弱っていると

つまづいて開放骨折とかになっちゃうのかしら?

通常は、事故とか、高所からの転落とか

つよい外力が加わらないと

皮膚を突き破るような骨折にならない

イメージがあるんだけど。。。

番組内ではサラーと流れていくけど、

私的にはゾッとしたわ。

もしかして村坂先生の身に

何かあったんじゃないかと

邪推しちゃったわ( ̄_ ̄|||)

完全に私の邪推だけどさ。。。

きっと、医療の世界でも、

本当に役立つ薬や治療法が

もみ消されてきたんだろうな、、、

暗殺されちゃった先生も

いるんだろうなと

思いたくもなっちゃうわ!

(#`д´)ノ

つづく。

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました。

広告を非表示にする