アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

甲状腺機能低下と血糖の関係を探求するわ!その(1)~体重増加

皆さまお元気かしら?アネゴです。

さて、甲状腺機能亢進と血糖

関係を探求した後は、

そう!これ!ゴルゴ

甲状腺機能低下との関係

探求しなくちゃね!

いくわよ!

======

ざっくりおさらいよ!

======

・砂糖の消化・吸収は小腸

甲状腺の機能が亢進↑すると

小腸での消化・吸収も高まる↑

甲状腺機能が亢進↑すると

インスリンの分泌も過剰↑になりやすい

・よって食後高血糖↑になりやすく、

急激に低血糖↓になりやすいという

過剰反応が起きやすい

・血糖の急激な低下↓は、

心身の不調につながる

・砂糖自体、化学製品であり害がある

・という訳で、砂糖の摂取は、

なるべく控えめがおすすめ!

=======

甲状腺機能低下と体重増加

======

甲状腺機能が低下↓している場合は、

小腸の細胞の活動も元気ないわ!↓

そうすると、砂糖を摂っても、

消化・吸収力が弱っている↓ために

血液中の糖があまり増加しない→わ!

むしろ低血糖になりやすいのよ!

(これについては、後ほど探求してみるわ)

このことは、体重増加とは、

直接の結びつきはないんだけど、

低血糖になりやすいから、

つい甘いものを食べたくなっちゃうのが

困りどころなのよ!!ヽ(*`□´*)/

低血糖↓

 ↓

うつ感・疲労感ガクリ

 ↓

甘いものが欲しくなるcookie*

 ↓

砂糖を摂り過ぎて体重増加↑

この悪循環からの離脱も大事だわ!

代用の甘味料や食事療法で

なんとか工夫して乗り切りたいところよ!

そして、なんと言っても

砂糖が消化・吸収された後のことが

直接、体重増加と関係しているわ!

砂糖は、消化によって

エネルギー源に変換されるんだけど

甲状腺機能が低下している時は、

エネルギーが消費され難くくなる↓わ!

これは、全身の細胞活動が

低下↓しているからよ!

消費されなかったエネルギーは、

脂肪細胞として蓄えられていく↑わ!

これが、体重増加↑の主な原因

なっているようね。

という訳で、

お砂糖の摂取を控えるのは、

体重増加を防ぐのにも役立つのね!

((φ( ̄Д ̄ )なるほど~!!

今日は、ここまでにしましょ!バイバイ*

次回は、いよいよ本題の

血糖値との関係を探求してみるわ!

今夜は、雨風のコンサートを聴きながら

眠れるわね。おやすみなさい!

いい朝を迎えましょ!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする