アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

甲状腺機能亢進と血糖の関係を探求するわ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

さて、前々回のクイズ、糖の吸収~!!

皆さま答えの準備はよろしいかしら?

こ・た・え・は!!

 ↓

 ↓

小腸よ~!!

砂糖は小腸で消化・吸収されるわ!

-----

糖の消化・吸収についての詳しくは、

こちらのページで分かりやすくまとまっていたので、

リンクを貼らせていただこうと思います。

ご興味のある方はよかったら見てみてね!

 ↓

もりやま越野病院HP>糖尿病教室>糖質の消化・吸収

http://www.kma.jp/kosino/dm/digestion.html

-----

砂糖の消化・吸収は、実にシンプルよね!

口→小腸で消化・吸収という、

なんともダイレクトな感じだわ!( ̄▽ ̄;)

加工された砂糖は、

簡単に分解(消化)できるから、

すぐに血液中に吸収されるって訳ね!

で、甲状腺との関係だけど、、、

======

甲状腺機能亢進と血糖値

======

反応性低血糖

関係が深いんじゃないかしら!

砂糖の消化・吸収を行う小腸の細胞活動は、

甲状腺ホルモンの影響を受けるから、

1.

甲状腺機能が亢進↑していると、

小腸細胞の活動が高まって

どんどん消化。吸収されちゃうわ!

2.

砂糖は糖質の中でも、

ただでさえ早く吸収される部類だから、

小腸から血流にはいる糖が急上昇↑

食後の血糖が、急上昇しちゃうわ!↑

3.

そして、甲状腺機能が亢進↑しているせい

血糖を下げるインスリンの分泌も

亢進↑している場合は、

4.

今度は、血糖が急降下!↓

なんともざっくりなイメージ図↓

ちょうどいい血糖バランスを取るのが難しくて

下がり過ぎたり、乱交下しやすいみたいだわ!

こんな感じで、甲状腺機能とお砂糖が

影響しあって、不調を招くんじゃないかと思うわ!

=====

まとめ

=====

砂糖の摂取

 ↓

甲状腺機能亢進のため

過剰反応

 ↓

反応性低血糖

 ↓

脳の活動に悪影響

 ↓

心身の不調に影響

 ↓

甲状腺機能亢進症の症状が悪化

なのでお砂糖は極力控えめに!

====

さいごに

====

反応性低血糖自体は、

甲状腺の不調の有無に関係なく、

糖質の多い食生活をしていると

誰でもなる可能性があるわ!

甲状腺の機能が亢進している場合は、

たとえ砂糖を取りすぎていなくても、

ホルモン調整が難しいために

こういった反応が起きやすいんじゃないかしら!

血糖の急降下や、低血糖は、

脳の活動にも影響して

心身の不調を引き起こすと言われているから、

甲状腺疾患の症状が悪化しまうのもうなずけるわ!

砂糖の害に加えて、生理的にも!

冬を快適に乗り越えるためにも!

やっぱり、お砂糖は極力控えた方がよさそうね!

次回は、甲状腺機能低下と

血糖の関係を探求してみようと思うわ!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

ヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに過去の消化関係の記事は

こんなのがありました(笑)

消化と吸収をざっくり言うと!

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11329547757.html

ロードオブザ十二指腸 前・後

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11298318922.html

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11299977861.html

消化拳初段!

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11296692087.html

広告を非表示にする