アネゴblog書庫

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

断固NO!そして継続なんだ!【開発物語5】 アレクサンダーテクニークを探求するわ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

いろいろやっていたら、

あっという間に数日が過ぎちゃって

久しぶりの更新になってしまったわ!

ピーピュルル~♪(´ε`;)

前回は、こちら↓

http://ameblo.jp/galaxy-m31/entry-11667013937.html

悪いクセを直そうとする時、

古い身体感覚に惑わされないように

しないといけないわね!

↑この本の著者、キャプラン先生は

こうおっしゃっているわ!

「身体の感覚は、

改善された身体の使い方を

長い間実践して初めて

信頼できるものになるのです」

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

=======

えー!まじで?

そりゃないぜぇ(TдT)

=======

これまで、色んな研究をしてきて

原因も突き止めたし、対策も立てたアレクサンダー。

このまま順調に回復するかと思いきや!!

∑( ̄□ ̄;)ナント!!

最も困難な壁が立ちはだかったわ!

「よし!(`ω´)

身体の使い方は、散々練習してきた!

もう大丈夫だ!舞台の練習をするぞ!」

「天と地よ!思い出せと・・・

おぼいだぜどいヴの・・が・・・

ウッ!!ゲホゲホゲホ!!(||´Д`)o」

「な・・・なんだとぉおお!Σ(゚д゚lll)ガーン

直っていないじゃないか!!

そ、、、そんなバカな~!!!_| ̄|○

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

そうなのよ、彼がシェイクスピア

声高に読み上げようとしたとたん

また元の古いパターンが出てきてしまったわ!

あんなに姿勢に気をつけてきたのに!

彼の身体のクセは、それだけ

お仕事と深く結びついていたようね。

========

原点回帰だ!

========

アレクサンダーは、

癖のそもそもの発端が、

舞台のお仕事だったことに

あらためて気づいたわ!

この原点を

なんとかしないことには、

直らない!!

アレクサンダーは、より強い意思をもって

断固としてNO!!を言う覚悟を決めたわ!

古い習慣に対して断固NO!!

今までのような身体の使い方は

ずえ~ったいにしない!!

そう強く誓いなおすことが必要だったのね。

$アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

悪い癖を直すときは、その発端というか、

源泉に取り組むことが大事みたいね!

========

無意識な反応を意識的に止める!

========

アレクサンダーは、

舞台で声を出そうとするときに

1.無意識に出てしまう反応を

意識的に止めることと、

2.よい身体の使い方を繰り返す

という2点を徹底して行った結果、

自然とよい身体の使い方が

できるようになったそうよ!

それ以外にも、アレクサンダーは、

身体の使い方を改善できるように、

無意識な習慣を意識に登らせる

独自の方法を数多く発見したわ!

それは、心だけでなく、身体だけでもない、

心と身体の調和のとれた相互作用を用いて

初めて可能になることだったみたい!

そしてアレクサンダーの人生は、次第に

役者から、指導者へと変化していったわ。

その後、イギリスに渡ったアレクサンダー。

舞台芸術や医学界など、多くの人たちから

注目を浴び、沢山の支持や賞賛を受けて、

指導や指導者の育成に尽力され、

1955年 86歳で逝去されたそうよ。

========

ありがとう!アレクサンダー先生!

========

アレクサンダー先生が生み出してくれた

素晴らしいテクニークは、

私たちが元気の源を自ら作り出せることを

思い出させてくれるわね!

まだほんの入口しか探求できていないけど

本当に素晴らしいテクニックだと思うわ!

では、探求の最後に、

今日はこちらの動画から、

身体の使い方を学んでみたいと思います。

今回は、ミステリアスなボイスがグッとくるわね(`ω´)グフフ

【参考文献】

アレクサンダー・テクニークにできること

痛みに負けない「からだの使い方」を学ぶ

デボラ キャプラン (著)

芳野 香・和田 実恵子(翻訳)

アレクサンダーシリーズは今回で終了よ!

長らくお付き合いいただきありがとうございました!

そして、今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

素敵な日曜日を☆( ´ ▽ ` )ノ

※記事中のアレクサンダーのキャラやセリフは、

あくまでもアネゴが勝手にイメージした創作であります。

ただし、物語の大筋は参考文献に基づいているつもりです( ̄▽ ̄;)

何卒ご了承くださいませ。