アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

【開発物語】 アレクサンダーテクニークを探求するわ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

日照時間が少ないわね。

こういう時は、心身がもやもやしやすいわ!

そんな時は、食事をしっかりとって、

軽く身体を動かして、

シャワーじゃなくて入浴して

あ~、これは食べちゃいけないんだよな~と

思うような美味しいものを食べて、、、

うりゃー!!ビシバシドスドス!!

ヒー!(=д=ノ)ノす、すみません。

そう、これは食べないですよね。

寝る前はね。

Ψ(`∀´)Ψ

さて、今日は、

アレクサンダーテクニークが

開発された経緯を探求してみようと思うわ!

開発者のアレクサンダーさんは、

ご自身の苦しみの中から

この素晴らしいテクニークを

生み出されたようだわ!

さっそく行ってみましょ!

レッツラゴー!!

========

こ、声が~!!

========

アレクサンダーさんの職業は、俳優。

シェークスピアの一人芝居が専門だそうよ!

二十代前半の頃、

そんなアレクサンダーさんに異変が!!

「こ、声が・・・!」

そう、アレクサンダーさんは、

舞台でしわがれ声が

出てしまうようになってしまったの。

$アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

医師:

「喉の粘膜が炎症を起こして

声帯が赤く晴れ上がっているよ、君」

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

発声法の教師:

「こんな解決策があるよ、やってみて」

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

一時は軽快したアレクサンダー。

でも一向に治らず次第に悪化していったわ!

そして数年後。とうとう、舞台中に

声が出なくなってしまったの!!

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

治したい一心で、お医者さんの治療も

ちゃんと受けてきたアレクサンダー。

「先生!どうしてこんなことになったんだ!

先生の言う通りにしてきたじゃないか!!

あの日、私が無理をして声を出したから、

声が出なくなったなんて決め付けるのは、

おかしいんじゃないか?」

「教えてくれ先生!

どうして俺は声が出なくなってしまったんだ」

医師:

「すまない。私はお手上げだ。」

アレクサンダーは、発声法の先生のアドバイスも

ちゃんと実践したし、病院で治療も受けてきた。

だけど、絶望の淵に立たされてしまったわ。

さ、この先アレクサンダーは、

どうするのかしら?

続きはまた次回に!

今夜は、この動画で、

デスクワークの時の

良い体の使い方を見てみましょ!

アレクサンダーテクニーク第7弾

「オフィスワーク~パソコン使用者の体の使い方」

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました。

広告を非表示にする