アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

死後のセイフティネット【チベット 死者の書】(4)

宇宙のキモサベの皆さま

お元気かしら?アネゴです。

トントの風貌なんだかグッとくるわ。

この時のメイクも

相当インパクトを受けて感動したわ!

地球のメイクはスゴイわ!

さて、今日も

チベット死者の書を探求するわ!

チベット死者の書は、

魂が肉体から離れた後、

仏の世界にたどり着ける様に

導くための書なんだけど、

なんと3部構成よ!

とかく彷徨いがちな死者の魂が

なんとか大いなる源の方に行けるように

3段階のセイフティネットが設けられているわ!

========

3つのセイフティネット

========

1.死の瞬間の導き

まずは、死の瞬間の導きによって

自分が死んだことを自覚して

これからどうすればいいかを説く。

 

 ↓

2.魂という本来の自分を

  呼び覚ます導き

それでも、道の途中で

エゴの誘惑に惑わされて

大いなる光の元に行けない場合に、

エゴを見破って、自分の魂の本質を

思い出す方法を説く。

 

 ↓

3.覚る(さとる)ことが難しく

  さまよってしまった場合の導き

それでも尚、エゴに執着してしまい

輪廻から脱却できなそうな場合に、

転生を避ける方法を説く。

それでも、どうしても転生する場合、

転生先の選び方を説く。

という訳で、死者の魂の状態に合わせて

3段階の対策がされていることがわかったわ!

===========

玉虫色の世界を彷徨う魂

===========

死後の世界って、それだけ迷子に

なりやすい世界ってことかしらねぇ。

広そうだものねぇ(; ̄ェ ̄)

生きている時は、

死ぬことを認識しているつもりだけど

実際に肉体を離れた後って、

自分の死をどう自覚するのかしら?

どんな感じなのかしらね。

生きている時は、体を通して

実際に感じる感覚があるけど、

死後は、意識という存在になるものね。

意識の世界って実態がないから

確かめようのない世界よね。

つまり自分次第の世界よ!

右も左も上も下もない世界で

自分の意識が作り出す幻想を

見破れるかしら!!

それは単に自分の意識が

作り出しているものだと気が付けるかしら!?

…という考えを手放して無になると

ありのままの真実にたどり着くのかしら…

魂の世界は玉虫色だって言うけど

ある意味ホントね(笑)

川崎信定 訳

原典訳 チベット死者の書

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする