アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

セルライト(5)治療原則の探求よ!

皆さまお元気かしら?アネゴです。

10月→充月(充分に満ち足りた月)に

したいわね!

さて、セルライトシリーズだけど

今日は、治療の原則

提案されているわ!

一緒に見てみましょ!

まずは今までの簡単なおさらいよ!

セルライトは、どう発生するのか

調べた研究によると、

=========

浮腫

リンパ管で運ばれるはずの物質が

皮膚や皮下組織蓄積

更に浮腫みを引き起こし、

線維を増やす(いわゆるコラーゲン

セルライトになっていく

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

=========

ということが分かったわ。

そしてこの研究では、

10日間毎日4時間の集中治療

行ったの。

その結果腹部または大腿部のサイズが

10cmもサイズダウンしたんですって!

という訳で今日は、その続きよ!

=======

題名「Physiopathological Hypothesis of Cellulite

セルライトの生理病理学的仮説)より。

・この治療の結果は、

 この研究結果を確かめたいという

 学生達によって一貫して証明された。

患者の選択

 セルライトの正確な診断、

 技術の正確さが、

 治療の成功に 絶対に欠かせない要因である。

・なぜかと言うと、例えば

 肥満に対して、

 この技術を使いたくなる学生が多かったが、

 治療効果が得られなかった。

 肥満のケースでは、

 特発性・周期性浮腫の存在も

 一つの要因であった

《特発性浮腫:特別な原因がなく起こる浮腫み

 周期性浮腫:朝は良くて、夕方になると浮腫むなど》

・これらのケースでは、

 浮腫が最初にケアされるべきだったが、

 それをせずに治療技術を用いたのが

 失敗の原因と思われる。

浮腫、肥満、セルライト

 (局所の皮膚のリンパうっ滞)

が関係している場合、

浮腫を最初にコントロールすべき

さもないと、治療が成功しがたくなる。

・治療の成功は、正しい診断と

 正しい処置があってこそ成り立つ。

つづく。

=======

という訳で、

浮腫み、肥満、セルライトという

トリプル状態の場合は

まず浮腫みのコントロールからはじめないと

セルライト治療の効果があがらないと

いう訳ね!

これは勉強になったわ!

体質の改善からやらないと

セルライトってなかなか退治できないのね!

考えてみたら理にかなっているわね。

いくらセルライトの治療をしても、

原因の浮腫みが改善していなければ

物質の蓄積→セルライトの発生の

サイクルがそのままですものね!

いたちごっこってやつだわ!

浮腫まないライフスタイルが大事ね!

こういったライフスタイルの提案は、

セラピストである我々も大きく

貢献できそうよね!

アネゴが星から持ち込んだ、健康Xファイル!!

今日も最後までお読みくださり

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする