アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

体とは関係ない、不思議な猫の思い出よ。

アネゴです。皆さまお元気かしら?

「悪人」って邦画見たことあるかしら?

私は、この映画が好きなのよ。

切なくてたまらないわ。

映画の中に乗り込みたくなるわ1

もう切なくて切なくてたまらないのよ~!!ヾ(。`Д´。)ノ

幸せになってほしいのよ~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

もう~!!バンバン!!

さて、今回は体の仕組みとは関係ない猫の話題よ。

ふと思い出したから書いておくわ。

ある朝、まだ寝ている私の耳元で、

猫の気配がしたの。

ゴロゴロと喉を鳴らして、

甘えているのが分かったわ。

猫は、ちょうど私の頭の左側に丸まっていて

呼吸するたびに膨らむお腹の様子とか

グルグル鳴いている声とかが伝わってきたわ。

まどろみながら、

ゴロゴロ鳴いているのを聞いていたんだけど

それにしても枕元に来るなんて

珍しいなと思ったのよ。

久しぶりな気がしたのよ・・・。

・・・で、

あれ・・・?

いま猫飼っていたっけ?

って思ったのよ。

なんか急に胸騒ぎがしたわ。

思いきって目を開けて猫の方を見たのよ!

( ̄□ ̄;)!!

その瞬間、全く消えてしまったのよ!

猫はいなかったの。

だってそうよ!

その猫を飼っていたのは何年も前なんだから。

私は一瞬驚いたけど、

あんまりリアルだったんで、呆気にとられたわ。

未だに忘れられないけど、

あの猫が現れたのは、

後にも先にもその一回きりよ。

不思議なことってあるものね…

なぜ現れたのかよく分からないんだけど、

こうやって時々思い出すのよ。

きっと、向こうも私を思い出しているんだわね!

最後まで読んでくれて

本当にありがとうございました!

広告を非表示にする