アネゴblog書庫

アネゴblog書庫

アネゴの探求ブログ(健康Xファイル)を保存してある書庫。

イタイ擦過傷

背中にすり傷を負ったのですが

これがけっこう深めな傷で

なかなか治ってくれません。

乙女にとって、お肌やボディーは大切なもの。

なぜこんなことになってしまったの!

傷が残ってしまったら・・・と思うと

うつの階段のぼる~君はまだ~シンデレラっさ!

たかが擦過傷 されど擦過傷なのです。

いまや化膿して軽い褥瘡(じょくそう)のように

なってしまっているのであります。

背中は 擦れ易い場所なのですね~

寝ている間にも 蒸れたりしているのでしょう。

この季節に化膿するってことは

夏だったらどんだけ~!と想像してぞっとしました。

幅数センチの小さな傷ですが

心の痛みは 深まります。

脱脂綿で傷口を消毒して

化膿してしまっている部分を

きれいに取り除きます。

背中を鏡に映しながら

なんとも間抜けな姿・・・

傷を見るだけで痛い気がする。

しかし冷静に処置している自分にも

すご~!と思ったりして。

こういう時 私って結構 頼もしいのね(感動)

なんでもない時に ヒリヒリ痛みを感じたり

背中の皮膚が伸びると ピリ!

『今 傷口割れたでしょう!?』

私の背中は元通りになるのでしょうか。

恐ろしいです。

でもね、ラベンダーオイルは傷口にもよいのです!

昔、科学者が実験で負ってしまった火傷に

ラベンダーオイルを塗って きれいに治ったことから

アロマセラピーが発展した歴史もあるのですよ!

なので 私もラベンダーで 癒しています。

早く良くなって~わたし。

広告を非表示にする